チャートの変化が
スマホで分かる!
>お知らせプッシュ<

MT4から、チャートの変化をスマホにプッシュ通知(またはメール)します。

例えば、価格が〇〇円になったら、15分足のMA25に当たったら、ボリジャーバンドの上を抜けたら、SARが反転したら、サインでたら、などなど様々ないベンドでスマホに通知します。

イベント発生時に画像を取得し、パソコンとクラウド(共有サーバー)に保存します。

動作イメージ

通知がメインですので、実際のチャートには、チャートに表示するものは、ほとんどありません。

チャートイメージ

出ているラインは、最高値の線、最安値の線、中間の点線は指定価格です。

指定価格は、ラインをドラッグアンドドロップすることで移動することができます。


通知イベントの種類

詳細は後ほど解説しますが、通知できるイベントの一覧をご紹介します。

・損益合計の到達
・指定金額への接触
・高値更新
・安値更新
・移動平均線への接触
・ボリジャーバンドの突き抜け
・SARの反転
・インデックス型シグナルツールのサイン
・オブジェクト型シグナルツールのサイン
・エントリー、決済などの取引
・キーボードの「s」キーを押す

リクエストをいただければ、通知イベントを増やす予定です。


全画面/チャート画像の取得

MT4のチャート画像を取得するツールは世の中には存在していますが、多くが単一チャートを取得するだけとなっています。

実際のトレードでは、複数のチャートを開きマルチタイムフレーム分析などを行われている方も多いと思います。また、相関関係や関連性のある別通貨ペアを表示しているケースもあることでしょう。

このツールでは以下のような全画面のチャートを保存することができます。

もちろん一般的な単体チャートの画像を保存することもできます

これらの取得した画像は、MT4のデータフォルダに保存されます。

振り返りようにチャート画像を残している方も多いと思いますが、エントリー&決済のタイミングでも自動的に通知&チャート保存を行いますので、「お知らせプッシュ」を動かしているだけでも、トレード中の履歴を自動的に保存してくれます。


クラウドにも画像をアップ

購入者様にご利用いただける共有サーバーをご用意しました。

取得した画像は自動的にクラウドにアップされます。プッシュ通知またはメール通知にクラウドの参照アドレスが記載されていますので、そちらをクリックすれば、どこからでも画像をご覧いただくことができます。

クラウドの画像は、このように表示されます。※画像はサンプル用の寄せ集めです
クラウドをフレームにて読み込んでいます

直接開く場合には、こちらをクリックしてください(クラウド画像ページ

※クラウドの容量には制限がございますので、現在は、画像の枚数は最高30枚、保存期間は1週間としています。古いものは順番に削除されます。状況を見ながら変更をしていきますが、長期的な保存はご自身のパソコンでお願い致します。

マルチモニターにも対応していますので、複数のモニターがつながっているパソコンの場合には、すべてのモニターの画像を連結して取得します。

お知らせプッシュの設定

■ 機能的な説明になりますが、設定画面はこちらです。


------- 通知内容 --------
プッシュ通知を送る、Eメールを送る、アラートを表示する、履歴に表示する、音をならず => trueでそれぞれの通知を行います。
音ファイル名 => オプションの音声設定から、ご希望のファイルをお選びください

------- 画面保存 --------
全画面:TRUE、チャート:FALSE => 画面全体を保存する場合はtrue、対象のチャートを保存する場合はfalseを指定します。
画像サイズ縦横 => チャート画像を保存する場合の画像のサイズを指定します。初期値は縦長のスマホサイズとなりますが、ご自身のスマホやタブレットに応じて、見やすい大きさに変更してください。最大サイズは1000x1000となります。ゼロを設定すると画像保存を行いません。
共有サーバーへのアップロード => 共有クラウドへ取得した画像をアップロードします。初期値はfalse(アップロードしない)です。全画面を取得する場合は個人情報などが映り込まないようにご注意ください。
画像を保存したフォルダを開く => 画像の保存が行われた際にデータフォルダの画像保存フォルダを開くことができます。原則として最小化で開きますのでタスクバーに入るだけとなります。

------- メッセージ --------
メッセージの色、サイズ、位置 => チャート上にメッセージ欄が表示されます。不要の場合は色とnoneにして下さい。それらのサイズと位置をしてします。初期値は左下となります。

------- イベント用パラメタ --------
◇損益合計
マジックナンバー => 損益合計を行うマジックナンバーを指定します。
損益合計 => ポジションの合計が入力した金額になると通知します。金額の単位は、ターミナルの損益の合計となります。一般的には、証拠金通貨のとなります。

◇指定金額
指定金額ラインの色 => 色を指定します。
指定金額 => 最新価格が入力した値になると通知します。この線はドラッグ&ドロップで移動することができます。マイナス値を入れた場合は現在価格からマイナスした値に設定されます。

◇高値安値の更新
高値安値ラインの色 => 色を指定します。
高値の期間、安値の期間 => 入力したバーの本数と比較し、最新バーが高値/安値を更新すると通知します。

◇移動平均線
タイムフレーム、期間 => 入力した時間足の指定期間の移動平均線に最新バーが接触すると通知します。

◇ボリジャーバンドの上下線
タイムフレーム、期間、標準偏差 => ボリジャーバンドの上下線に接触すると通知します。

◇パラボリックSARの反転
タイムフレーム、ステップ => 入力した時間足とステップのパラボリックSARが反転した際に通知します。

◇インデックス系シグナル
シグナルのインディケータ名、インデックス => シグナルツールのインディケーター名とインデックスを指定します。インデックスが分からない方は、インディケーターを開いて、色の設定をご覧ください。一般的には、矢印の色と同じ番号がインデックスとなります。

◇オブジェクト系シグナル
シグナルのオブジェクト名 => シグナルツールのオブジェクト名を指定します。オブジェクト名が分からない方は、右クリックから、表示中のライン等を開き、全てボタンを押します。一般的には、ライン等がArrowとなり、そのArrowのパラメーターの時間が、矢印などと一致しているオブジェクト名となります。オブジェクト名には、時間なども含まれているケースがあるので、普遍的な部分を選んで指定してください。

お手持ちのシグナルツールが上記の方法でも分からない場合には、状況により別料金となりますが、こちらで調査をすることもできます。サポート用のお問い合わせフォームより、ご相談ください。

その他にも通知条件を追加したいとのご希望がありましたら、お気軽にお知らせください。


商品詳細

▼ 商品内容
インディケーターファイル
サポートページ:導入方法、パラメタ設定、注意事項等(1ページ程度)
メールサポート:ご購入から3ヶ月間、回数無制限
※投資助言に該当するサポートは行えません

▼ 動作環境
Windows版 MT4 build 1170以上、Windows 7、8、8.1、10対象(※iOS、Android、Macでの動作は未確認となり対象外です)CPU 2.0GHz以上 / メモリ容量 4GB以上 / インターネット環境
※汎用的に動作するシステムとなっておりますが、全てのFX業者で動作を保証するものではありません。テストはMetaQuotes社のデモ口座で行っております。


3800円

お申込みはこちら


ダウンロード版
ご注文後、入金が確定しましたら、案内メールの指示に従い商品本体をダウンロードして下さい。

銀行振り込み、クレジットカード決済、BitCash決済、郵便振替、コンビニ振替、ちょコムeマネーよりご選択頂けます。

【投資に係るリスクおよび手数料について】
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。信用取引やFXは価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことがありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。信用取引やFXには取引業者の売買手数料がかかります。また、本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

【注意事項】
通信環境やMT4の動作タイミングにより、必ずしも正確に通知することをお約束するものではありません。
このツールを利用ご利用いただく際には、ツールの性能をご理解の上、自己責任でお願い致します。




最後に

ポジションを持っていると怖くてトイレにもいけない、また、最適なエントリータイミングを見逃すまいとチャート離れることができないというような経験はありませんか?

私も、チャートから目をそらすことができず、ずっと凝視して張り付いていることが多々ありました。

もちろんストップを入れておくことは当たり前ですが、状況は変化しますので、利益が増えれば、ストップの価格も変更する必要があります。

刻一刻と変化するチャートの変化を教えてくれることは、トレードの負担を減らすことであり、ストレスを軽減することにもなります。

このツールは、自分が使うために作ったものですが、多くの方のストレスを軽減できると思いますので、商品化することにしました。

皆様のお役に立てれば幸いです。

なお、このツールは、ワンクリックFX MAXには付属(現在はベータ配布予定)されますので、既に購入されている方は、重複購入となりますので、ご注意ください。

宮本

ページの先頭へ | 特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー
Copyright (C) All Rights Reserved.